MENU

【超高速】ConoHa WINGの評判や料金プランを徹底解説

conohawing

当サイトは一部広告コンテンツを含みます。

最近は、個人のブログでもレンタルサーバーを契約するのが主流となってきましたよね。特に、ブログでもホームページでもよく利用されているのがワードプレスです。

ワードプレスを利用してサイト構築やブログの運用をするためには、レンタルサーバーを選んで契約する必要があります。今回は、月額1,452円から使えてサーバー処理速度No.1のレンタルサーバー・ConoHa WINGについて解説します。

\ 初期費用0円!月額678円

目次

ConoHa WINGの特徴

ConoHa WINGの主な特徴は、下記の通りです。

  • 国内No.1かつ最速の高性能サーバー。Web表示の高速化も実現。
  • サーバーの安定力が抜群。品質保証(SLA)を導入し、月間稼働率は99.99%。
  • WordPressを初心者でも簡単に開設可能。SSL化もスムーズです。
  • 独自ドメインが2個まで無料。

ConoHa WINGは国内No.1の高速サーバーと安定力が魅力ですが、それ以外にもWordPressの移行を簡単に行えるため、ブログ初心者がつまずくのを避けられます。さらに、独自ドメインも2個まで無料で取得できる嬉しい特典が付いています。

\ 初期費用0円!月額678円

ConoHa WINGの料金プラン

ConoHa WINGの料金プランは、月額プランである「通常」のプランと「WINGプラン」の2つです。主に、ベーシック・スタンダード・プレミアムの3つのプランに分かれています。

それぞれのプランの異なるところは、SSDのGB数です。その他、1契約毎にメモリとVcpu数が割り当てられたリザーブドプランもあります。

ConoHa WINGでは、度々期間限定のキャンペーンを行っています。キャンペーン期間に契約すると通常よりもさらにお得であるため、ぜひキャンペーン期間にConoHa WINGのレンタルサーバーを契約してみてはいかがでしょうか。

人気のWINGパック          

人気のWINGパックでは、ConoHa WINGは最短3か月から契約可能です。一度の契約で最大で36か月までの契約が可能で、キャンペーンによっては最大50%以上の割引価格で利用できるため見逃せません。

ワードプレスでのブログなどを開設する場合には、長期間の利用が見込まれるため、通常プランよりも最初からWINGプランで契約する方がお得でしょう。

WINGプランでは、3つのプランでSSDとメモリのGB数・vCPUのコア数のみ変わります。月額金額が変わります。一番人気で標準のスタンダードのほか、初心者はベーシック、大規模サイトにはプレミアムがおすすめです。

お試しの通常プラン

まずは1か月間からお試してみたいという人は、通常プランを選択するのも良いでしょう。通常プランは月額制ではなく、プランによって異なる時間によってかかる料金設定がされています。

3つのSSDのGB数が異なるのはWINGプランと同じです。最大利用金額は決まっていますが、月額制ではありません。そのため、WINGプランよりも利用金額が安くなる初心者は、慣れるまで通常プランから始めるのもおすすめです。

料金が安くなる12ヶ月以上のプランがおすすめ

料金プランが豊富なConoHa WINGのなかで、特におすすめなのがWINGパックの12か月以上のプランです。迷っている方はぜひ、12か月以上のWINGパックを選んでみてください。

もちろん、キャンペーン期間中に購入すると一番月額費用がお得なのはWINGパックの36か月の料金プランです。

「いきなり3年契約をして後悔したくない…」

「3年後にはプランを変えたくなるかもしれない…」

このように考えている方は、12か月契約のWINGパックがおすすめです。WINGパックは契約途中でもプランの変更なら可能となっています。12か月契約のWINGパックの料金表は下記の通りです。

ベーシックスタンダードプレミアム
初期費用1.452円/月2,904円/月5,808円/月
SSD300GB400GB500GB
転送量目安無制限無制限無制限
ドメイン無制限無制限無制限
データベース無制限無制限無制限
メモリ8GB12GB16GB
vCPU6コア8コア10コア
※キャンペーン期間によって、割引率が変わります

その他、リザーブドプランの1GB・2GB・4GBの料金プランは、ぜひ公式ホームページの料金プランから確認してみてください。

\ 初期費用0円!月額678円

ConoHa WINGでワードプレスブログを始めるべき人

ConoHa WINGのレンタルサーバーを利用してワードプレスブログを始めたい人は、主に下記の4つの条件に当てはまる人です。

  • ワードプレスブログ初心者
  • ほかのレンタルサーバーからワードプレスブログを移行させたい人
  • セキュリティ面も抜群な高速サーバーを利用したい人

どれかひとつでも当てはまる人は、ConoHa WINGワードプレスを始めるのに向いています。

ワードプレスでブログを開設するために使いやすいレンタルサーバーを探している人や、現在のワードプレスからレンタルサーバーを移行したいという方は、ConoHa WINGを検討してみてください。

\ 初期費用0円!月額678円

ConoHa WINGの評判・口コミ

ConoHa WINGもほかのレンタルサーバーと同様に、機能やサポート、料金を比較するとメリットとデメリットの両方があるレンタルサーバーであるといえます。

実際に導入した人の評判・口コミは参考になるため、導入後に後悔しないように確認しておきましょう。

悪い評判・口コミを考察

サポートに問い合わせをしても納得できる回答が返ってこない。

更新や解約の方法がわかりにくく、1クリックで対応できるようになると使いやすい。

出典元:ITreview

レンタルサーバーを長期的に使用することを考えると他社の方が安くて安定しているように思えます。ロードバランサーやオブジェクトストレージなど、連携製品をあわせて使用すると結構お金がかかるなという印象です。

出典元:ITreview

悪い評価・口コミを見ると、困ったときにサポートに問い合わせしてもつながらなかったり、レスポンスが遅かったりすることが挙げられています。

利用者が多いため仕方ない部分はありますが、時間に余裕がないときはある程度自力で解決しなければいけない点もあるかもしれません。

また、料金は絶対にほかのレンタルサーバーより安いとは言い切れません。最低限の機能で良い初心者はデメリットを感じることはないかもしれませんが、連携製品を組み合わせてより使い勝手を良くしたいと思う人は不満を持つこともあるでしょう。

長期的に使用することで「コスパが悪い」と感じる人もいるということも把握しておいてください。

良い評判・口コミを考察

クライアントのウェブサイトを制作、管理するというのを業務としています。
ConoHa WING ベーシックプランを利用していますが、同価格帯のいくつかのサーバに比べて速度も早く、コントロールパネルも使いやすく一番いいかなと感じています。
業務として使っていますが、WordPressで初めてブログを立ち上げる。という方にも比較的簡単に導入できる仕組みが整っています。

引用元:ITreview

WordPressで使用することを前提にサービスが設計されているので、契約後滞りなくインストールまでできる。

独自ドメインを二つ取得できるのにも関わらず料金が安い。

コントロールパネルがわかりやすい。

引用元:ITreview

良い評判・口コミでは、レンタルサーバーとして重要な高速サーバーの業務効率やワードプレスを使う人ことを前提としてつくられた、使い勝手の良さが挙げられています。

独自ドメインを無料で2つ取得できることや、コントロールパネルの使いやすさがConoHa WINGが選ばれている理由です。

\ 初期費用0円!月額678円

ConoHa WINGのメリット7つ

レンタルサーバーを選ぶときには、メリット重視で選ぶことをおすすめします。数あるレンタルサーバーのなかで、他社ではなくConoHa WINGを選ぶべき7つの理由をまとめました。

Webサイトのページ速度が速い

ConoHa WINGは大量アクセスが同時に行われたときでも安心の高速処理に優れ、nginxを採用しています。そのため、Webサイトのページ速度を速く処理できることが魅力のひとつとなっています。

Webサイトのページ速度が速ければ、ストレスなくサイトを利用できるでしょう。

ワードプレスでブログをすぐに始められる

ConoHa WINGはワードプレスをすぐに始められるメリットがあります。これは、ConoHa WINGがワードプレスを開設するのに最適なレンタルサーバーであり、「WordPress簡単セットアップ」も用意されています。

WordPress簡単セットアップはワードプレスをこれから始める人や移行を検討している方に向けたサービスなので、ぜひチェックしてみてください。

初心者でも管理画面が使いやすい

ConoHa WINGは管理画面が初心者でも使いやすいと言われています。また、ホームページ上でも管理画面の確認方法が記載されています。

利用者のなかには、「管理画面がわかりにくい」という口コミを書いている人もいるので、「ConoHa WINGの管理画面はわかりにくいのでは?」と感じる人もいるかもしれません。

そのような人はホームページに管理画面の使い方の記載があるため、一度目を通してみることをおすすめします。

有料のワードプレステーマをお得に購入できる

ワードプレスでブログ運用するのに、重要なのがテーマです。テーマには無料のものもありますが、有料のテーマはSEO対策にも使えるメリットがあります。

ConoHa WINGでは、有料のワードプレステーマもサーバーと一括で購入できます。さらに、WINGパックと一緒に購入すれば、有料のワードプレステーマが割引になるのもConoHa WINGならではの魅力です。

他社からのワードプレス移行が簡単

他社からのワードプレスの移行が比較的簡単な点もConoHa WINGの良いところです。

「レンタルサーバーを変えたいけど、移行方法がわからない…」

という方は、移行が難しくないConoHa WINGを選んでみてはいかがでしょうか。

移行方法は、移行元の基本情報を入力した後にワンクリックするだけです。手間やストレスがかからず、簡単に移行が完了するのは嬉しいですよね。

独自ドメインを2つ無料で取得可能

一般的なレンタルサーバーの独自ドメインが完全に有料だったり、無料でもひとつまでだったりするなかで、ConoHa WINGは独自ドメインを2つまで無料で取得できます。

ドメインを複数持つメリットは複数のサイトやブログを低コストで運用できることです。

最大14日分のバックアップと復元が無料でできる

ConoHa WINGでは一日一回、サイト・メール・データベースの自動バックアップを行っています。これは、いざというときに過去14日分のデータまで遡り、無料で復旧させることを可能とした機能です。

自動バックアップで取得したデータはコントロールパネルから簡単な操作で復元できます。

\ 初期費用0円!月額678円

ConoHa WINGのデメリット5つ

導入するメリットが非常に高いのがConoHa WINGの特徴ですが、もちろんデメリットもあります。

実際に導入してから後悔しないためにも、次の5つのデメリットを確認したうえで、ConoHa WINGのレンタルサーバーがご自身のブログやサイトに合っているか、比較検討してみてください。

サーバーの運営歴が浅いため信頼性に欠ける

ConoHa WINGはGMO株式会社によって2018年9月に提供されたばかりのレンタルサーバーサービスです。始まってからまだ5年程度とサーバーの運営歴が浅いのがデメリットだといえます。

運営歴が長いサーバーは導入実績が豊富であるとともに、口コミや導入している人も多いため安心で、認知度が高いとイメージもつきやすいでしょう。

しかし、導入歴が浅いとどんなサーバーなのかわからず、自分の大事なサイトやブログを今後も安定して運用しているのか、信頼戦に欠ける部分もあります。

アダルト系サイトの運用ができない

ブログを運用している人のなかには、アダルト系サイトの運用をしている人もいます。ConoHa WINGはアダルト系サイトの運用ができないため、メリットを感じても自分が運用したいジャンルが使用不可で諦めなければいけないというのは大きなデメリットでしょう。

料金プランが他のレンタルサーバーと比較して高め

ConoHa WINGは初心者が料金プランを見ると比較的安いように思うかもしれませんが、実は他のレンタルサーバーと比較すると高めです。

それでもConoHa WINGが選ばれているのはサーバーが高速で安定していたり、ほかのサーバーにはないドメインを2つ取得できたりするなど強いメリットがあるからでしょう。

WINGパックは契約月数の途中で解約できない

「通常」の料金プランが契約月の途中で解約できるのに対し、WINGパックは契約期間を過ぎなければ解約ができません。したがって、3か月のプランなら3か月間は契約を解除できないということになります。

WINGパックは3か月・6か月・12か月・24か月・36か月の5つの契約プランがあるお得なプランです。長期的に考えるとコスパが良いプランですが、途中で解約やプランの切替をしたくなったときに対応できないのはデメリットだといえます。

サポートセンターの電話が繋がりにくく、問い合わせが不便

サポートは口コミでも目立つデメリットです。サポートセンターの電話が繋がりにくいのはどこでもあるデメリットのひとつであるかもしれませんが、それはConoHa WINGにも当てはまります。

問い合わせが不便ではありますが、ConoHa WINGのホームページにはある程度読めば理解できる操作方法が文章や動画で載っています。

もちろん、イレギュラーな問い合わせが必要な場合はサポートを待たなければいけませんが、運営による丁寧な解説がついているので安心でしょう。

\ 初期費用0円!月額678円

ConoHa WINGとエックスサーバーの違いについて

エックスサーバーは国内シェアNo.1のレンタルサーバーで、どちらも今人気があるサーバーです。エックスサーバーはメールマガジンの機能がついていたり、バックアップではConoHa WINGより優れていたりします。

プランConoHa WING
WINGパック ベーシックプラン
エックスサーバー
スタンダードプラン
初期費用無料0円
月額料金941円1,100円
ディスク容量SSD 300GBNVMe SSD 300GB
転送量目安無制限無制限
メモリ8GB1GB
vCPUコア数6コア1コア

しかし、コスパといった面を見ると、ConoHa WINGの方が優秀です。したがって、ConoHa WINGは若いブロガーなどに向いていて、エックスサーバーは企業向きだといえます。

\ 初期費用0円!月額678円

【ConoHa WING】ワードプレスの始め方

これからワードプレスを始めたい方に適したレンタルサーバーのなかでおすすめなサーバーがConoHa WINGです。実際に、ConoHa WINGでのワードプレスの始め方を詳しく見ていきましょう。

手順1.レンタルサーバーに申し込む

まずは、レンタルサーバーに申し込みます。「ワードプレスでブログを始めたい」という目的がある場合、ついワードプレスの登録を先にするべきではないのかと考えがちです。

しかし、ConoHa WINGは契約してから簡単セットアップができるため、まずはレンタルサーバーに申し込んでください。

手順2.ワードプレスの簡単セットアップで登録

ConoHaのアカウントを作成後、ワードプレスの簡単セットアップをします。この簡単セットアップを登録すると、ワードプレスに必要な準備が整います。

手順3.お客様情報を登録

ワードプレスの登録が完了したら、お客様情報を登録する流れが一般的です。お客様情報を登録すると、SSLやドメインにも対応させられます。

手順4.本人確認を行う

ConoHa WINGを使用する際には本人確認を行うことが必須です。登録にはサーバーの支払い情報などの重要な項目もあるため、本人確認をしてから利用を開始しましょう。

\ 初期費用0円!月額678円

ConoHa WINGについてのよくある質問10選

「ConoHa WINGのサーバーに興味があるけど、どんなサーバーかわからなくて不安…」

という人も多いでしょう。よくある質問10選を網羅し、疑問を解消したうえで利用することをおすすめします。

サブドメインを追加するには料金が必要か?

サブドメインの取得は無制限で、永久無料です。SSL証明書の発行も無料でできるので、完全無料で利用できるので安心してください。

プランの変更はすぐにできるの?

WINGパックのプランの変更はすぐにできます。プランの変更はコントロールパネルから簡単に行うことが可能です。

まず、コントロールパネルにある「サーバー管理」より、契約情報を開きます。そのうえで、「プラン変更」より希望のプランを選択してください。

プランを変更すると差額分の決済は発生するという点に注意しましょう。

ConoHa VPSとの違いは何?

ConoHa VPSとの大きな違いは、ConoHa WINGが共用サーバーであるのに対し、ConoHa VPSは仮想サーバーである点です。

そのため、初心者のブログの運営はConoHa WINGで十分ですが、Web開発や複数のブログやサイトの運営をする場合には、ConoHa VPSが向いています。

 ConoHa WING の料金を支払う方法は何がある?

ConoHa WINGの料金の支払い方法は、クレジットカードまたはConoHaチャージの2つです。

ConoHaチャージは事前に入金をし、チャージした分だけ利用可能できるサービスです。チャージをするものには選択肢があり、Amazon Pay・コンビニ支払い・PayPalがあります。

ConoHa WING wexalの良さは何?

ConoHa WING wexalは簡単に言えば、SEO対策オプションです。表示速度が上がるオプションでありながら無料なので、上手く活用することでブログ運用が成功しやすくなるでしょう。

ConoHa WINGでメールを設定する方法は?

メール設定では、ユーザー名がメールアドレスとなり、パスワードがメールアドレスを作成した時のパスワードであり、変更も可能です。

メールサーバーは「サーバー管理」より、「契約情報」を選択します。「メール/FTP/ネームサーバー情報」にメールのサーバー情報があるので、設定できたか不安な方はこちらの手順で確認してみてください。

ConoHa WINGでワードプレスにログインできない時はどうする?

ワードプレスにログインできないときの対処法は、画面に表示されたエラーメッセージによって異なります。まずは、画面にしたがって下記のホームページに載っている解決法を実践してみてください。

エラー解決法:https://support.conoha.jp/w/wplogin_error/

それでもログインできない場合は、そもそもユーザー名とパスワードが間違っていないかの確認が必要です。いずれにも当てはまらなければ、サポートへの問い合わせをしてみましょう。

ConoHa WINGを解約するためには?

ConoHa WINGの解約方法は、通常とWINGパックで異なります。WINGパックは「自動更新をしない」を選択するだけなので簡単です。

通常の場合は、コントロールパネルから「WING」のマークをクリックします。「サーバー管理」から「契約情報」に飛び、「サーバー削除」をクリックすると「サーバーを削除しますか?」というメッセージが出てきます。

最後に、「はい」を押すと完了です。一度「はい」を押すと、取り消しはできないので気を付けましょう。

ConoHa WINGでドメインを追加するためには?

ドメインの追加はコントロールパネルから「WING」のマークを押します。「サーバー管理」にある「ドメイン」を選択すると、右上に「+ドメイン」が表示されます。

「新規ドメインを追加」が出てくるので、選択してドメイン名を入力してください。無料SSLを利用する場合には「利用する」を選択し、最後に保存を押すと新しいドメインが追加されます。

ConoHa WINGでドメインの変更方法は?

ドメインの変更はコントロールパネルから行います。上部の「WING」を選択し、ダッシュボード画面で「サーバー」を押してドメインを変更してください。

サイト管理やメール管理からもそれぞれ変更が可能なので、公式ホームページのこちらも参考にしてみてください。

\ 初期費用0円!月額678円

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次