ゲームにおすすめのレンタルサーバーはこの6社!無料で利用できる?

当サイトは一部広告コンテンツを含みます。

オンラインゲームやマルチプレイをするにはレンタルサーバーが必要になるケースがあります。

そのため、ゲームをするためにレンタルサーバーの利用を検討している方もいるでしょう。

しかし、レンタルサーバーは数が多くてどれを選んでいいのかわからない方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、ゲームにおすすめのレンタルサーバーについて詳しく解説します

選び方も解説するため、本記事を読めば自分にぴったりのレンタルサーバーを見つけられるようになるでしょう。

この記事でわかること
  • ゲームにおすすめのレンタルサーバー6社
  • おすすめのレンタルサーバー6社のスペックや値段
  • 最適なレンタルサーバーの選び方
  • 無料で利用できるレンタルサーバーはあるのか

ゲームにおすすめのレンタルサーバーを探している方や、最適なレンタルサーバーの選び方を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

記事の製作者について

この記事は、株式会社エムフロ届出電気通信事業者届出番号A-21-10524)が運営するレンタルサーバー「Quicca」が提供しています。サービス開始の2009年より10年以上、多くのユーザーへWordpress設置などWebホスティングに関するサービスをサポートしてきました。当サイトでは、今まで培った知見を活かし、レンタルサーバーに関する正しい知識をプロ目線でお届けします。

運営者情報を見る

目次

ゲームにおすすめ!レンタルサーバー(VPS)の値段・スペック比較表

ゲームにおすすめのレンタルサーバー(VPS)について、一覧表にまとめました。

スクロールできます
無料お試し期間ディスク容量ゲームのテンプレート数サポート体制初期費用月額料金
Xserver for Game10日間50GB〜14種類・メール
・チャット
・電話
0円830円〜
ConoHa for GAMEなし50GB14種類・メール
・チャット
・電話
0円1,065円〜
KAGOYA CLOUD VPS2週間25GB〜4種類・メール
・電話
0円日額20円(月額上限550円)〜
さくらのVPS2週間25GB〜1種類・メール
・チャット
・電話
0円590円〜
Agames3日間25GB〜1種類・メール
・チャット
・電話
0円220円〜
シンVPSなし30GB〜14種類・メール
・電話
0円620円〜
※料金は1ヶ月あたり(税込)です。

いずれもゲームにおすすめではありますが、無料お試し期間の有無や、ゲームのテンプレート数、月額料金など、サービス内容が異なります。

たとえば、無料お試し期間を重視するのであればKAGOYA CLOUD VPSYAさくらのVPS、月額料金の安さを重視するならAgamesで選ぶとよいでしょう。

どのレンタルサーバーも初期費用は無料であるため、安心してください。

より自分に適切なレンタルサーバーを選ぶためにも、それぞれの特徴をしっかりと把握していきましょう。

オンラインゲーム・マルチプレイにおすすめのレンタルサーバー(VPS)6社

オンラインゲームやマルチプレイにおすすめのレンタルサーバー(VPS)は、次の6社です。

おすすめのレンタルサーバー
  • Xserver for Game
  • ConoHa for GAME
  • KAGOYA CLOUD VPS
  • さくらのVPS
  • Agames
  • シンVPS

それぞれ特徴や料金プランが異なるため、自分に適切なレンタルサーバーはどれなのか考えながらみていきましょう!

Xserver for Game

Xserver for Gameは、エックスサーバー社が2023年4月に提供を開始したゲーム専用のレンタルサーバーです。

無料お試し期間10日間
ディスク容量50GB〜
ゲームのテンプレート数14種類
サポート体制・メール
・チャット
・電話

レンタルサーバーで国内トップクラスのシェアを誇るエックスサーバーが提供している安心感のほか、誰でも簡単に申し込みから構築までできることから、初心者にもおすすめです。

Xserver for Gameはストレージに「NVMe」を採用しており、データ容量の大きいワールドでもストレスなくプレイできます。

Xserver for Gameの料金は、次の表のとおりです。

スクロールできます
2GBプラン(月額)4GBプラン(月額)8GBプラン(月額)16GBプラン(月額)32GBプラン(月額)64GBプラン(月額)
初期費用0円0円0円0円0円0円
1ヶ月1,150円2,200円4,400円9,750円22,100円44,200円
12ヶ月900円1,800円3,600円7,800円19,500円39,000円
24ヶ月870円1,750円3,400円7,500円19,000円38,500円
36ヶ月830円1,700円3,201円7,200円18,500円38,000円
※料金は税込です。

すべてのプランで初期費用が無料であるため、気軽にはじめやすいこともXserver for Gameのメリットでしょう。

価格帯も他社と同水準であるため、コストがかかりすぎるといった心配もありません。

ちなみに、公式から各プランに対しての推奨プレイ人数が発表されています。

スクロールできます
2GBプラン4GBプラン8GBプラン16GBプラン32GBプラン64GBプラン
推奨人数4人以下5人から10人以下11人から20人以下20人以上20人以上20人以上

何人でプレイするのか把握してからプランを決めるのもよいでしょう。

大手レンタルサーバーが運営している安心感を求めている場合や、コストパフォーマンスのよいレンタルサーバーを探している場合は、Xserver for Gameを検討してみましょう!

\ 最大40%オフ!マルチプレイ対応/

ConoHa for GAME

ConoHa for GAMEは、手間のかかるマルチサーバーの構築が自動で完了することが特徴のゲーム専用のレンタルサーバーです。

無料お試し期間なし
ディスク容量50GB
※有料オプションで追加可能
ゲームのテンプレート数14種類
サポート体制・メール
・チャット
・電話

マルチサーバーを構築する知識がない場合でも、10分もかけることなくサーバーが構築できるため、すぐにプレイをはじめられます。

ConoHa for GAMEの料金は、次の表のとおりです。

スクロールできます
初期費用1GB2GB4GB8GB16GB32GB64GB
0円1,065円2,033円3,969円8,083円15,730円31,460円59,290円
※料金は税込です。

ConoHa for GAMEは、契約期間が長ければ長くなるほど割引率が高くなるという特徴があります。

契約期間は、次のとおりです。

・1ヶ月
・3ヶ月
・6ヶ月
・12ヶ月
・24ヶ月
・36ヶ月

たとえば2GBで比べると、1ヶ月契約の割引率は43%で、36ヶ月契約だと73%OFFになります。

無料期間はありませんが、最低利用期間も決められておらず月の途中でも簡単に解約できるため、利用するのであればなるべく長期間で契約するとよいでしょう。

KAGOYA CLOUD VPS

KAGOYA Cloud VPSは、クラウドや共用レンタルサーバーで人気を博しているカゴヤ・ジャパンが提供するレンタルサーバーです。

無料お試し期間2週間
ディスク容量25GB〜
ゲームのテンプレート数4種類
サポート体制・メール
・電話

KAGOYA Cloud VPSの特徴は、なんといっても料金プランです。

非常に良心的な設定であることに加え、利用した日数分のみ課金されるため使いすぎてしまうという心配もありません。

日額20円かつ月額上限550円からのスタンダード料金と、容量の多さに特化している大容量の2種類があります。

スクロールできます
1GB(1コア)2GB(2コア)2GB(3コア)4GB(4コア)6GB(6コア)8GB(8コア)16GB(10コア)32GB(12コア)
スタンダード料金日額20円(月額上限550円)日額24円(月額上限660円)・日額35円(月額上限979円)
・日額40円(月額上限1,100円)
・日額55円(月額上限1,540円)
・日額59円(月額上限1,650円)
・日額118円(月額上限3,300円)
・日額138円(月額上限3,850円)
・日額256円(月額上限7,150円)
・日額275円(月額上限7,700円)
・日額511円(月額上限14,300円)
・日額531円(月額上限14,850円)
日額943円(月額上限26,400円)
※料金は税込です。
スクロールできます
2GB(2コア)3GB(3コア)4GB(4コア)8GB(6コア)16GB(8コア)32GB(12コア)
大容量料金日額32円(月額上限880円)日額63円(月額上限1,760円)・日額95円(月額上限2,640円)
・日額126円(月額上限3,520円)
日額252円(月額上限7,040円)日額503円(月額上限14,080円)日額1,006円(月額上限28,160円)
※料金は税込です。

いずれも初期費用は無料であるため、初心者の方もはじめやすいでしょう。

利用した分だけ支払いたい場合や、なるべく費用を抑えたい場合は、KAGOYA Cloud VPSを選択肢の一つに入れてみてください。

さくらのVPS

さくらのVPSはさくらインターネット株式会社が提供する、運用歴10年以上の老舗VPSです。

無料お試し期間2週間
ディスク容量25GB〜
ゲームのテンプレート数1種類
サポート体制・メール
・チャット
・電話

無料お試し期間があるほか、24時間有人で自社のデーターセンターを監視しているため、安定性も抜群です。

テンプレート数は少ないですが、人気ゲームであるMinecraftの簡単マルチサーバー構築の機能を利用できます。

ほかにも、操作性の高いコントロールパネルやハイブリッド接続可能などさまざまなメリットがあります。

さくらのVPSの料金は、次のとおりです。

スクロールできます
月額支払い初期費用512MB1GB2GB4GB8GB16GB32GB
大阪0円671円935円1,848円3,740円7,480円14,300円28,600円
東京0円698円990円1,958円3,960円7,920円15,400円30,800円
石狩0円643円880円1,738円3,520円7,040円13,200円26,400円
※料金は税込です。
スクロールできます
年額支払い初期費用512MB1GB2GB4GB8GB16GB32GB
大阪0円616円858円1,694円3,429円6,857円13,109円26,217円
東京0円641円908円1,795円3,630円7,260円14,117円28,234円
石狩0円590円807円1,594円3,227円6,454円12,100円24,200円
※1ヶ月あたりの料金(税込)です。

料金はリージョンごとに異なるほか、月額払いと年額払いを選択できます。

12ヶ月分一括で支払う場合、だいたい月額料金1ヶ月分費用が安く済みます。

安心感および信頼感を求めるのであれば、さくらのVPSを候補に入れておきましょう。

Agames

Agamesは、低価格かつ高性能な国産VPSマルチーサーバーです。

無料お試し期間3日間
ディスク容量25GB〜
ゲームのテンプレート数1種類
サポート体制・メール
・チャット
・電話

Minecraftをプレイする際に候補にあがりやすいレンタルサーバーで、OSの変更、再インストール、使用レポートなど機能が数多くあります。

Agamesの料金は、次の表のとおりです。

スクロールできます
初期費用1GB4GB8GB16GB64GB
標準サーバー0円220円1,650円2,750円4,620円7,040円(標準サーバーのみ24GB)
Epycサーバー0円660円2,750円4,290円6,380円35,640円
プレミアムサーバー0円990円3,410円5,170円7,810円49,390円
※1ヶ月あたりの料金(税込)です。

12ヶ月一括で支払うと約2ヶ月分の月額料金がお得になるため、よりお得に利用したい場合は一括での支払いも検討しましょう。

Minecraftをメインでプレイする方や、柔軟にカスタマイズできるレンタルサーバーを探している方は選んでみてください。

シンVPS

シンVPSは、新世代のVPSで低価格とハイスペックを実現しています。

無料お試し期間なし
ディスク容量30GB〜
ゲームのテンプレート数14種類
サポート体制・メール
・電話

無料お試し期間はありませんが、ゲームのテンプレート数は14種類と多く、初心者でも簡単にゲームをはじめられます。

CPU処理性能は競合他社の約4.2倍※、ディスク性能は約5.7倍※です。

※参照:シンVPS

ほかにも、50以上のアプリイメージやストレージを増設できるオプションなど、便利な機能が豊富です。

シンVPSの料金は、次の表のとおりです。

512MB1GB2GB4GB8GB16GB32GB
初期費用0円0円0円0円0円0円0円
月額料金620円820円1,530円3,091円6,000円12,001円24,000円
※料金は税込です。

初期費用はすべてのプランで無料であり、キャンペーンがおこなわれているタイミングであればMAX70%OFFで利用できることもあります。

よりお得に利用したいのであれば、キャンペーン実施時に利用をスタートするとよいでしょう。

ゲーム好き必見!最適なレンタルサーバーの選び方ガイド

ゲーム好きが最適なレンタルサーバーを選ぶ方法は、次のとおりです。

選び方ガイド
  • 設定や管理方法は簡単か、初心者でもできるか
  • 目的のゲームのテンプレートが用意されているか
  • スペックは必要十分か
  • 料金プランは豊富か、安いか
  • サポート体制が充実しているか

選び方ガイドを参考にレンタルサーバーを選べば、契約した後に思っていたのとは違ったと後悔することもなくなるでしょう。

それぞれの詳細を確認していきます。

設定や管理方法は簡単か、初心者でもできるか

ゲームを目的としてレンタルサーバーを選ぶときは、設定や管理方法が簡単かどうか、初心者でも問題なくできるのかを確認しましょう。

たとえば、プレイしたいゲームの専用マニュアルや管理ツールがあれば、設定や管理が非常に楽になります。

とくに初心者の方は、設定や管理が難しいとプレイするまでに時間がかかってしまったり、最悪の場合プレイまでたどり着けない可能性もあります。

また、人気のゲームであれば専用の管理ツールが用意されていることがあります。

Xserver for GameやシンVPSには、マインクラフトやパルワールドなどの専用管理ツールが存在します。

そのため、やりたいゲームの管理ツールがあるのか事前に確認するのもおすすめです。

本記事を読んでいる方は、ゲームがやりたいのであって、レンタルサーバーの設定や管理がしたいわけではないでしょう。

ゴールは、ゲームを快適にプレイすることです。

時間や手間をかけずにすぐにプレイしたい場合は、設定や管理方法が簡単な初心者でも問題なく利用できるレンタルサーバーを選びましょう。

目的のゲームのテンプレートが用意されているか

レンタルサーバーを選ぶ際は、目的のゲームのテンプレートが用意されているのか確認しましょう。

ゲームにおすすめのレンタルサーバーには、ゲームのテンプレートが用意されていることがあります。

たとえば、Xserver for GameやConoHa for GAMEであれば、10種類以上のゲームに対応しています。

テンプレートが用意されているメリットは、複雑な操作をすることなくマルチサーバーが構築できることです。

テンプレートがないと、黒い画面でコマンドを入力しなければならず、初心者の方にはハードルが高いです。

すぐにゲームをプレイしたいのであれば、目的のゲームのテンプレートがあるのか事前に確認しておきましょう。

スペックは必要十分か

スペックは必要十分であるのかも、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

たとえば、CPUコア数やメモリ数、SSDなどです。

ゲームに必要なスペックを満たしていない場合、動作が遅延するなどプレイに支障がでます。

処理速度の速さやストレージ容量は、ゲームを快適にプレイすることに直結します。

処理速度の速さを求めるのであればCPUコア数やメモリ数、動作の遅延を避けたいのであればSSDを採用しているレンタルサーバーを選びましょう。

料金プランは豊富か、安いか

ゲーム向けのレンタルサーバーを選ぶ際、多くの方が気にするのが料金プランではないでしょうか?

料金プランはとにかく安いものを選びがちですが、安いかどうかに加えてコストパフォーマンスも意識するとよいでしょう。

スペックは同程度でも少しディスク容量が異なるだけで、1,000円以上も価格が変わることがあります。

また、価格に加えて、料金プランが豊富であるのかも事前に確認しておくのがおすすめです。

料金プランが豊富であれば、スペックが足りなかった場合やオーバースペックである場合にプランを変更できます。

実際にゲームをプレイしてみないとわからない部分もあるため、料金プランが多いに越したことはありません。

プラン数が豊富だとスペックなどが細かくわかれていることが多く、より自分の利用環境に適したプランを選べるメリットもあります。

なるべく費用を抑えいたい場合や、柔軟にプランを変更したい場合は、料金プランが豊富なのか、安いのかを確認してください。

サポート体制が充実しているか

見落としがちですが、サポート体制が充実しているかも重要な項目の一つです。

主なサポートは、次のとおりです。

・メール
・チャット
・電話

メールに加えて、リアルタイムで質問できるチャットや電話でのサポートがあると、何か緊急のトラブルが起きた際にも安心です。

とくに、初心者の方はわからないことも多いでしょう。

スムーズにゲームをプレイするためにも、トラブルが起きたときに迅速に対応するためにも、サポート体制の充実度は非常に重要です。

運営歴が長いレンタルサーバーや知名度が高いレンタルサーバーは、Web上に情報が多いため、自力で解決できる可能性もあります。

また、独自マニュアルやQ&A掲示板を用意しているレンタルサーバーもあるため、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

はじめてだから不安な方や安心してゲームをしたい方は、サポート体制にも注目してみてください。

ゲームにおすすめのレンタルサーバーでよくある質問

ゲームにおすすめのレンタルサーバーに関するよくある質問に回答します。

よくある質問
  • 無料で利用できるゲーム用レンタルサーバーはある?
  • ARK用のテンプレートがあるおすすめのレンタルサーバーは?
  • AWSゲームサーバー「GameLift」は個人で使える?

よくある質問の回答を知ることで、レンタルサーバーへの理解がより深まります。

自分のプレイ環境に最も適したレンタルサーバーを選ぶためにも、それぞれの回答に目を通しておきましょう!

無料で利用できるゲーム用レンタルサーバーはある?

無料で利用できるゲーム用のレンタルサーバーは、あります。

代表的なものに、マインクラフトのマルチプレイができるAternosがあります。

しかし、有料のレンタルサーバーと比べると、スペックは低く動作がカクカクしやすいなどのデメリットがあるため、注意が必要です。

ユーザーが増えるとサーバーが重くなって、画面が動かなくなることも…。

また、無料のマルチサーバーは海外のサービスであることが多く、導入にやや手間取ることもあります

無料でプレイできるというメリットはありますが、ストレスなく快適にプレイしたいのであれば、あまりおすすめはできません。

ARK用のテンプレートがあるおすすめのレンタルサーバーは?

ARK用のテンプレートがあるおすすめのレンタルサーバーは、Xserver for Gameです。

Xserver for Gameは、ARKのテンプレートがあることに加え、専用の管理ツールもあります。

そのため、設定や管理などに手間がかからず、スムーズにARKをプレイできます。

また、Xserverという実績が豊富なレンタルサーバーが運営しているため、信頼感があるのも魅力です。

ARKをプレイしたい方は、Xserver for Gameを検討してみてください。

AWSゲームサーバー「GameLift」は個人で使える?

AWSゲームサーバー「GameLift」は、個人でも使えます。

GameLiftは、AWS(Amazon Web Service)のゲームサーバー用のサービスです。

しかし、オンラインゲームの開発をしている企業または運営者向けのサービスであり、個人向けではありません。

そのため、個人でオンラインゲームをしたい場合やマルチプレイをしたい場合は、本記事でおすすめした6社から選んでみてください。

まとめ

レンタルサーバーは数多くありますが、ゲームにおすすめのレンタルサーバーは下記の6社です。

ゲームにおすすめのレンタルサーバー
  • Xserver for Game
  • ConoHa for GAME
  • KAGOYA CLOUD VPS
  • さくらのVPS
  • Agames
  • シンVPS

いずれのレンタルサーバーを選んでも大きく後悔することはありませんが、より自分に適切なものを選ぶためにも事前に詳細を確認しておきましょう。

仮に何も考えずに選んでしまうと、スペックが足りなかったり、サポート体制が不十分だったりと快適にゲームをプレイできないかもしれません。

快適にゲームをプレイしたいのであれば、本記事で紹介した最適なレンタルサーバーの選び方にも目を通しておいてください。

本記事を通して、自分にピッタリのレンタルサーバーを見つけ、大好きなゲームをストレスなくプレイしましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次