ビジネス成功の鍵!ドメイン名の決め方を徹底解説

ドメイン名の決め方

当サイトは一部広告コンテンツを含みます。

ドメイン名を選ぶときに、

「SEOを意識した名前の付け方がよくわからない…」
「ネーミングセンスに自信がなくて悩んでしまう」

そんな風に感じている方は多いのではないでしょうか。

実はドメイン名の選定は、WebサイトやWebサービスの成否を分ける重要な要素なのです。
適切なドメインを選ぶことで、集客力アップやブランディング効果が期待できます。

今すぐドメイン名選びのコツを学んで、理想的なネーミングを実現しましょう!

この記事では、ドメイン選定に悩む方に向けて、

  • ドメイン名がビジネスに与える影響
  • 選定のポイントと具体的なステップ
  • SEOに有利なキーワードの選び方

など、筆者がITスペシャリストとして培ってきた知見をもとに、わかりやすく解説しています。

正しい知識を身につければ、あなたも納得のいくドメイン名を見つけられるはずです。
ぜひ参考にして、Webサイト運営の成功につなげてください!

記事の製作者について

この記事は、株式会社エムフロ届出電気通信事業者届出番号A-21-10524)が運営するレンタルサーバー「Quicca」が提供しています。サービス開始の2009年より10年以上、多くのユーザーへWordpress設置などWebホスティングに関するサービスをサポートしてきました。当サイトでは、今まで培った知見を活かし、レンタルサーバーに関する正しい知識をプロ目線でお届けします。

運営者情報を見る

目次

ドメイン名の決め方を徹底解説!ビジネス成功の鍵はここにあり

ドメイン名の決め方は、Webサイト運営の成功を大きく左右する重要な要素です。
適切なドメイン名を選ぶことで、ビジネスの顔となるWebサイトへの集客力を高められるでしょう。

ここでは、ドメイン名とは何か、ドメイン名がビジネスに与える影響、失敗しないドメイン名の選び方について詳しく解説していきます。

ドメイン名とは?初心者にもわかりやすく説明

ドメイン名は、Webサイトのインターネット上の住所のようなものです。
URLのうち、httpやhttpsの後ろに続く「example.com」や「sample.co.jp」といった部分がドメイン名に当たります。

ドメイン名は、サイトを訪問するユーザーがブラウザのアドレスバーに直接入力したり、検索エンジンの検索結果からクリックしたりすることで、目的のWebサイトにアクセスするための手がかりとなります。

ドメイン名の構成要素としては、以下の3つが挙げられます。

  • ドメイン名本体(セカンドレベルドメイン)
    example.comの「example」の部分で、サイトの内容を表す言葉やブランド名などを指定します。
  • トップレベルドメイン(TLD)
    .comや.netなどのドメイン名の最後尾に付く部分で、組織の種類や活動地域などを表します。
  • サブドメイン(オプション)
    ドメイン名の前につけることで、Webサイトの特定のページやサービスを指し示すのに使われます。blog.example.comの「blog」部分がサブドメインです。

自分のビジネスにふさわしいドメイン名を選ぶためには、ドメイン名のこうした基本的な仕組みを理解しておく必要があるでしょう。
ドメイン名はWebサイトの顔として、ユーザーの記憶に残りやすく、ビジネスの内容をわかりやすく伝えられるものを選ぶことが大切です。

ドメイン名が与えるビジネスへの影響とは

ドメイン名は、ビジネスの成功に大きな影響を及ぼす要因の一つです。
適切なドメイン名を選ぶことで、以下のようなメリットを得られるでしょう。

  • ブランド認知度の向上
    ドメイン名は、会社名や商品名、提供するサービスの内容などをシンプルに表現することで、ユーザーの記憶に残りやすくなります。覚えやすいドメイン名は、ブランドの認知度向上に役立ちます。
  • 集客力のアップ
    キーワードを含んだドメイン名は、検索エンジンでの上位表示が期待できます。自社のビジネス内容と関連性の高いキーワードをドメイン名に盛り込むことで、潜在顧客の流入増加が見込めるでしょう。
  • 信頼性の獲得
    ビジネスに合ったTLDを使用することで、企業としての信頼性を高められます。.co.jpなど属性型JPドメインの使用は、日本の企業や組織であることを示すのに効果的です。

一方、安易なドメイン名の選定は、次のようなデメリットをもたらす可能性があります。

  • ブランドイメージの低下
    複雑で覚えにくいドメイン名や、ビジネス内容との関連性に乏しいドメイン名は、ブランドイメージを損ねる恐れがあります。
  • 集客機会の逸失
    検索エンジン対策を考慮しないドメイン名は、潜在顧客にサイトを見つけてもらえない可能性が高くなります。
  • 競合との混同
    他社との区別がつきにくいドメイン名では、顧客が競合他社のサイトと混同してしまうかもしれません。

ドメイン名は、Webサイトを通じたビジネスの成功を左右する重要な要素だと言えます。
自社のブランドイメージを高め、集客力を最大化できるドメイン名を選定することが求められるでしょう。

ドメイン名選びに失敗しないための注意点

ドメイン名選びで後悔しないためには、いくつかの注意点を押さえておく必要があります。
ドメイン名の選定を誤ると、集客面での機会損失やブランドイメージの低下など、ビジネスに悪影響を及ぼしかねません。

失敗しないドメイン名選びのためのポイントとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 短く、シンプルで、覚えやすいドメイン名にする
    ユーザーに覚えてもらいやすく、ブラウザのアドレスバーに直接入力しやすいドメイン名が理想的です。難しい言葉や長過ぎる語句の使用は避けましょう。
  • ビジネス内容と関連性の高いドメイン名を選ぶ
    ドメイン名からサイトの内容が想像できるよう、事業やサービスに関連したキーワードを盛り込むことをおすすめします。関連性の低いドメイン名は、ユーザーの混乱を招く恐れがあります。
  • 商標権や著作権を侵害しないドメイン名にする
    既存の企業名や商品名、作品名などを無断で使用すると、商標権や著作権の侵害に当たる可能性があります。トラブルを避けるためにも、権利関係には十分な注意が必要です。
  • 語呂の悪い言葉の組み合わせを避ける
    ドメイン名として不適切な言葉や、語呂が悪くてブランドイメージを損ねかねない言葉の組み合わせは避けましょう。専門家や第三者の意見を聞くのも良いでしょう。
  • ハイフンやアンダースコアの使用は最小限にする
    ハイフンやアンダースコアを多用すると、覚えにくいドメイン名になりがちです。使用する場合は、自然な位置で最小限に留めることが大切です。

ドメイン名は一度決めると変更が難しいだけに、慎重に選ぶ必要があります。
上記の注意点を踏まえ、長期的な視点に立ってドメイン名を吟味することが、ビジネス成功への第一歩となるでしょう。

ドメイン名の決め方のポイントを押さえよう

ドメイン名は、あなたのビジネスの顔となる大切な要素です。
ユーザーにインパクトを与え、事業の内容をわかりやすく伝えられるドメイン名を選ぶことが、集客力アップの第一歩と言えるでしょう。

ここでは、効果的なドメイン名の決め方について、4つの重要なポイントを解説します。
事業コンセプトの明確化からSEOを意識したキーワード選定まで、ドメイン名選びに役立つノウハウを詳しく見ていきましょう。

事業コンセプトを明確に表現する

ドメイン名選びで最も大切なのは、自社の事業コンセプトを端的に表現することです。
「このサイトは何を提供しているのか」が一目でわかるドメイン名であれば、ユーザーに強烈な印象を残せるはずです。

例えば、ペット用品のオンラインショップを開業するなら、「pet-goods.com」のように、取り扱う商品やサービス内容をストレートに表現するのが得策と言えます。
あるいは、個人の名前を冠したブランドの場合は、「yamamotohana.com」など、屋号やブランド名をそのままドメインにするのも一つの手でしょう。

大切なのは、事業の核となるコンセプトを一言で言い表すこと。
「自社は何を提供するのか」を明確にした上で、その特徴をドメイン名に凝縮させることが求められます。

事業コンセプトを表現する際のポイントは、以下の3つです。

  • シンプルに表現する
    ドメイン名は短くてわかりやすいのが理想的です。長すぎたり複雑すぎたりするドメイン名は、ユーザーに記憶してもらいにくいでしょう。キーワードを1~2個に絞り、20文字以内に収めることを意識しましょう。
  • 業界用語を避ける
    あまりにマニアックな専門用語を使うと、ユーザーに意味が伝わらない可能性があります。一般的によく知られた言葉を選ぶことが賢明と言えるでしょう。
  • ポジティブなイメージを意識する
    ネガティブな印象を与える言葉は避けるのが賢明です。ユーザーに明るく前向きなイメージを抱いてもらえるよう、ポジティブな言葉選びを心がけましょう。

事業コンセプトを的確に表現できるドメイン名は、ユーザーの興味を引き、ビジネスの価値をダイレクトに伝えられます。
「会社は何をする会社なのか」をわかりやすく言い表すことが、ドメイン名選びの大前提と言えるでしょう。

ターゲット顧客層に刺さるネーミングを考える

ドメイン名は、ターゲットとする顧客層の心に響くネーミングであることが大切です。
ユーザーの属性や嗜好を想定し、共感を呼ぶキーワードを盛り込むことで、見込み客の関心を引き付けられるはずです。

例えば、若い女性向けのファッションブランドなら、「kawaii-style.jp」のように、ターゲット層の好みを反映したキーワードを使うのが効果的でしょう。
「kawaii」という言葉は10代~20代女性の感性に訴求しやすく、ブランドの世界観をイメージさせるのに役立ちます。

ペルソナを明確にすることが、ターゲットの心をつかむネーミングを編み出すコツと言えるでしょう。
ユーザーの年齢層や性別、職業、趣味嗜好などを分析し、どんな言葉に惹かれるかを考えることが大切です。

ターゲットの感性に響くネーミングを工夫する際は、以下の点に留意しましょう。

  • ユーザーの口癖を取り入れる
    若者言葉や流行語など、ターゲット層がよく使うフレーズを取り入れるのも一案です。ユーザーの日常会話に馴染んだ言葉を使うことで、親近感を醸成できるでしょう。
  • ターゲット層の悩みや願望を反映する
    ユーザーの抱える課題やニーズをキーワード化するのも効果的な手法です。例えば、育児に悩むママ向けのサイトなら、「raku-ikuji.com」のように、ターゲットの願望を叶えるネーミングが有効かもしれません。
  • ライバルサイトとの差別化を意識する
    競合他社のサイトと似たようなドメイン名では、埋没してしまう恐れがあります。ライバルにはない切り口のキーワードを見つけ、独自性を打ち出すことが肝要と言えます。

ターゲットユーザーの感性を理解し、共感を呼ぶキーワードを盛り込むこと。
それがユーザーの心に刺さるネーミングを生み出す秘訣です。
ペルソナ像を明確にした上で、ターゲットに響く言葉選びを意識しましょう。

SEOを意識したキーワード選定のコツ

ドメイン名の決定は、SEO対策とも密接に関わります。
検索エンジンでの上位表示を狙うなら、ドメイン名にサイトのテーマに沿ったキーワードを盛り込むのが鉄則と言えるでしょう。

例えば、ペットの健康管理に関する情報サイトを立ち上げるなら、「pet-health-guide.com」など、コンテンツの内容を端的に表すワードを組み合わせるのが得策です。
このようにターゲットキーワードを盛り込むことで、GoogleなどのSEOで高い評価を得られる可能性が高まります。

キーワード選定の際は、サイトのコンセプトを表す言葉に加え、ユーザーがよく検索しそうなフレーズを調査することが大切です。
GoogleサジェストなどのツールでSEOキーワードを割り出し、最適な候補を選ぶことが求められます。

SEOに有効なキーワード選びの極意は、以下の3点に集約されるでしょう。

  • ターゲットキーワードの検索需要を調べる
    まずはGoogleキーワードプランナーなどで、商品やサービスに関連するキーワードの月間検索数をチェックしましょう。検索ボリュームの多い人気ワードを狙うことで、アクセスアップが見込めます。
  • ロングテールキーワードを取り入れる
    短いキーワードだけでは検索順位で勝つのは難しいかもしれません。「東京 ペット シッター 格安」のような長めのフレーズを盛り込むことで、ニッチな需要を取り込めるはずです。
  • 流行の先を読む
    今だけでなく将来的に人気が出そうな新しいワードを先取りすることも大切です。アプリ名など、バズる予感のあるキーワードを積極的に取り入れることをおすすめします。

サイトのテーマに沿った適切なキーワードを盛り込むこと。
それがSEOの観点から強いドメイン名を決める秘訣と言えるでしょう。
検索需要と関連性の両面から最適なワードを選び、上位表示を狙っていきましょう。

覚えやすく、インパクトのあるドメイン名が理想

最後に大切なのは、ユーザーの記憶に残るインパクトのあるドメイン名を考えることです。
他サイトと差別化できるキャッチーなネーミングであれば、ブランドの認知度アップにも繋がるはずです。

キーワードの羅列だけでは味気ないドメイン名になりがち。
ユーザーの注目を集めるには、ひと工夫加えた印象的なネーミングが必要不可欠と言えます。

例えば、ドッグフードのサイトなら「wanko-genki.jp」など、遊び心のあるネーミングを考案してみてはいかがでしょうか。
「wanko」といった親しみやすい言葉を織り交ぜることで、ユーザーに愛着を持ってもらいやすくなるはずです。

ドメイン名の候補を考える際は、以下の点を念頭に置くと良いでしょう。

  • ひねりを加える
    ありきたりな言葉の組み合わせでは面白みに欠けます。「言葉遊び」の要素を取り入れるなど、ひねりを加えることを意識しましょう。駄洒落や韻を踏むのも一案かもしれません。
  • ポジティブなイメージを想起させる
    明るく前向きな印象を感じさせるネーミングを工夫しましょう。ユーザーにハッピーな気分を味わってもらえれば、心に残りやすいはずです。
  • 発音しやすい言葉を選ぶ
    複雑で音読みしづらい単語の羅列は避けるべきです。「サラッと口に出して言いやすい言葉」を選ぶことが肝要と言えます。電話で伝える際などを想定し、誰でも噛まずに発音できるネーミングを目指しましょう。
  • ブランドロゴをイメージする
    ドメイン名をロゴ化した際のビジュアルをイメージしてみるのも良いかもしれません。文字の並びがロゴに使いやすいかどうかも、ネーミング決定の判断材料になるでしょう。

他サイトと一線を画すキャッチーなドメイン名をつけること。
それが「記憶に残るサイト」として認知されるための必須条件と言えます。
ネーミングセンスを磨き、ユーザーの心に刻まれるブランドサイトを目指していきましょう。

ドメイン名の決め方のステップを実践しよう

ドメイン名の決め方には、いくつかの重要なステップがあります。
事業の顔となるドメイン名を最適なものにするためには、一定のプロセスを踏んで検討していくことが欠かせません。

ここからは、ドメイン名を決めるための具体的な手順を3つのステップに分けて解説します。
ブレストのコツから利用可能なドメインの調べ方、取得手続きの流れまで、ドメイン名選定に必要な情報をお伝えしていきましょう。

ドメイン名を考えるためのブレストをする

ドメイン名の候補を出すためには、まずは頭の中で自由にアイデアを膨らませることが大切です。
ブレストとは「ブレインストーミング」の略で、特定のテーマについてアイデアを出し合うグループ思考法のことを指します。
ドメイン名選びにおいても、このブレスト手法を活用することで、より多くの候補案を生み出せるでしょう。

ブレストを行う際のコツは、以下の3点にまとめられます。

  • 批判をせず、アイデアをとにかく出し合う
    ブレストの最中は、他人のアイデアを批判したり、実現可能性を詮索したりするのはNGです。むしろ、現実離れしたアイデアであっても、どんどん出していくことが求められます。自由な発想を促すことで、思いもよらない良案が生まれることもあるのです。
  • キーワードから連想を広げる
    事業コンセプトに関連するキーワードを起点に、連想を広げていくとよいでしょう。例えば、ペット用品のショップであれば「ペット」「犬」「猫」などの言葉から類語や関連語を次々に挙げていき、ネーミングのヒントを探ります。
  • とにかく量を出すことを心がける
    アイデアの質よりも量を重視するのがブレストの基本です。出てきたアイデアに自分で判断を加えるのは後回しにして、思いついたものは全て書き出すようにしましょう。目安としては、100個程度の候補案が出るまで続けるのが望ましいと言えます。

こうしたコツを意識してブレストに臨むことで、ドメイン名の候補案をたくさん生み出せるはずです。
ブレストで出たアイデアは、紙やホワイトボードに書き出して目に見える形にしておくと、次のステップに進みやすくなります。

候補を絞り込んで利用可能なドメインを調べる

ブレストで出た候補案をベースに、実際に利用可能なドメイン名を絞り込んでいくのが次のステップです。
ここでのポイントは、以下の3つです。

  • 事業コンセプトとの整合性を吟味する
    候補案の中から、事業のコンセプトにマッチしたものを選び出しましょう。社名やサービス名、取り扱い商品などを連想させるようなネーミングが望ましいと言えます。「〇〇.com」「〇〇.jp」など、ドメインの種類も考慮に入れながら精査していくことが求められます。
  • SEOの観点からキーワードを評価する
    検索エンジン対策の面からも、ドメイン名の候補を見直す必要があります。サイトのテーマに関連するキーワードが含まれているかどうかを、チェックポイントの1つにしてください。多少長くなっても、分かりやすいキーワードを盛り込むのは有効な手段と言えるでしょう。
  • Whois検索で利用可能性を確認する
    選び出した候補案が本当に使えるのかを、Whois検索で調べることが欠かせません。Whoisとは、ドメイン名の登録情報を照会するためのサービスです。「whois.jprs.jp」などのサイトで、候補となるドメイン名を入力すれば、それが誰かに取得済みかどうかが分かります。

これらの観点から候補を吟味し、利用可能なドメイン名を3つ程度まで絞り込むのが目安です。
ただし、どうしても気に入ったドメインが取得済みだった場合は、諦めるのではなく、登録者に譲渡交渉を申し入れる選択肢もあります。
粘り強くアプローチすることで、ドメインを譲り受けられるケースもゼロではないのです。

取得手続きを進めて晴れてドメイン名ゲット!

候補を絞り込んで利用可能なドメイン名が決まったら、いよいよ取得手続きに入ります。
ドメイン名の登録は、レジストラと呼ばれる事業者に申請することで完了します。
主なレジストラとしては、お名前.comやムームードメインなどが国内でサービスを展開しています。

ドメイン名取得の具体的な手順は、概ね以下のようになります。

  • レジストラのサイトでドメイン名を検索
    取得したいドメイン名が本当に利用可能かを、改めてレジストラのサイトで検索します。その際、同じ文字列で別の属性のドメインが取得可能かどうかも合わせて確認しておくとよいでしょう。
  • 利用規約を確認して手続きを進める
    ドメインを取得するには、料金の支払いと各種情報の登録が必要です。レジストラの利用規約をよく読んだ上で、求められる情報を正確に入力していきましょう。登録には審査期間が設けられる場合もあるので、時間的な余裕を持って臨むことが大切です。
  • ネームサーバーの設定を行う
    ドメイン名の取得が完了したら、ネームサーバーの設定を行います。ネームサーバーとは、ドメイン名とIPアドレスを紐付けるためのサーバーのこと。レンタルサーバー業者の管理画面から設定するのが一般的です。設定情報に不備がないかをよく確認して、慎重に入力作業を進めてください。

以上の流れを経て、万事うまくいけば見事ドメイン名の取得が叶います。
たとえ社会的な認知度が低いドメインだったとしても、「ここから始まる」という高揚感を味わえるはずです。

見つけ出したドメインに自信と愛着を持って、サイト運営の第一歩を踏み出しましょう。
あなたのビジネスの象徴となる最高のドメイン名が、これからの成功を力強く後押ししてくれるに違いありません。

まとめ:正しいドメイン名選びが成功の鍵を握る!

今回は、理想のドメイン名をつけたいと考えている方に向けて、

  • なぜドメイン名がビジネスに大きな影響を与えるのか
  • ドメイン名選定のポイントと具体的なステップ
  • SEOに有利なドメインの選び方

上記について、ITスペシャリストとしての筆者の知見を交えてお伝えしてきました。

ドメイン名は、ビジネスの顔ともいえる大切な役割を果たします。
サイトコンセプトにマッチしつつ顧客層に響くネーミングをすることで、集客力向上が見込めるのです。

効果的なドメイン名選びのために、ぜひ本記事で紹介したポイントを参考にしてください。
検討を重ね、最適なドメイン名を見つけ出す努力は必ず報われるはずです。

あなたがドメイン選定に真剣に取り組んでいることは、素晴らしいことだと思います。
正しい知識と戦略を持って臨めば、理想のドメインを手にするのも時間の問題ですよ。

ビジネスの成長につながるドメイン名を見つけて、存分に活躍されることを心より願っています。
悩んだ分だけ価値のある答えが見つかりますように。あなたの挑戦を応援しています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次