クラウドサーバーのメリットを徹底解説!導入前に知るべき注意点とは

クラウドサーバーのメリット

当サイトは一部広告コンテンツを含みます。

「クラウドサーバーに移行したいけど、セキュリティ面が心配だな…」
「サーバーの運用コストを削減したいけど、本当に節約できるのかな…」

こんな不安を抱えている方もいるでしょう。

でも、ご安心ください。
クラウドサーバーを導入すれば、セキュリティ対策や災害対策は大幅に強化されます。
運用コストの削減効果も絶大で、長期的な視点で見れば移行するメリットは大きいのです。

今こそ一歩踏み出すとき。
限られたリソースを活かし、クラウドの力であなたの理想とするシステム環境を実現しましょう。

この記事では、主に中小企業のシステム管理者に向けて、

  • クラウドサーバーを導入する3つのメリット
  • 導入前に知っておきたい重要ポイント
  • クラウド活用のコツとIT運用効率化のヒント

上記について、15年以上のキャリアを持つITスペシャリストの視点で解説します。

クラウドサーバーへの移行は、あなたの働き方を変える転換点になるはず。
ぜひ参考にして、スマートなシステム運用とビジネス成長の両立を目指してください!

記事の製作者について

この記事は、株式会社エムフロ届出電気通信事業者届出番号A-21-10524)が運営するレンタルサーバー「Quicca」が提供しています。サービス開始の2009年より10年以上、多くのユーザーへWordpress設置などWebホスティングに関するサービスをサポートしてきました。当サイトでは、今まで培った知見を活かし、レンタルサーバーに関する正しい知識をプロ目線でお届けします。

運営者情報を見る

目次

クラウドサーバーを導入するメリットとは?

クラウドサーバーを導入すると、システムの運用コストを大幅に削減できるだけでなく、セキュリティ対策や災害対策も強化されます。
中小企業のシステム管理者にとって、限られた予算と人員でシステムを刷新するのは容易ではありません。
そんな悩みを抱えている方にこそ、クラウドサーバーの活用がおすすめなのです。

ここでは、クラウドサーバー導入のメリットを3つの観点から詳しく解説していきます。
コスト削減、セキュリティ強化、業務効率化の具体的なポイントをお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

運用コストを大幅に削減できる

クラウドサーバーを利用することで、システムの運用コストを大幅に削減できます。
自社でサーバーを保有する場合、ハードウェアの調達費用や保守費用、電力料金などが恒常的にかかってきます。
こうしたコストは企業の経営を圧迫する要因になりかねません。

一方、クラウドサーバーであれば、サーバー機器の購入や運用管理にかかる手間とコストを大幅に節約できるのです。
実際に、総務省の調査によると、クラウドサーバーを導入した中小企業の約7割が「コスト削減につながった」と回答しています。

クラウドサーバーは、利用した分だけ料金を支払う「従量課金制」が一般的です。
必要な時に必要な分だけリソースを使えるため、無駄なコストを抑えられるでしょう。
固定費を削減したい、IT投資を最適化したいとお考えの経営者やシステム管理者の方は、クラウドサーバーへの移行を検討してみる価値は大いにあると言えます。

また、クラウドサーバーの多くは、運用管理の自動化機能を備えています。
サーバーの稼働監視やバックアップ、パッチ適用などを自動で行ってくれるため、システム管理者の工数を大幅に削減できます。
浮いた時間とコストは、業務の効率化や新しいシステムの企画に振り向けられるはずです。

「コスト削減は重要だが、できる対策は限られている」というのは、多くの中小企業のシステム管理者が抱える悩みかもしれません。
しかし、クラウドサーバーを活用することで、こうした課題を賢く解決できる可能性が見えてきます。
自社の経営状況とニーズを見極めつつ、クラウドサーバー導入によるコスト削減効果を検討してみてはいかがでしょうか。

セキュリティ対策と災害対策が強化される

クラウドサーバーを使うことで、高度なセキュリティ対策と災害対策を手軽に講じられます。
大企業と違って十分なセキュリティ要員を置けない中小企業にとって、サイバー攻撃への備えは大きな課題と言えるでしょう。
また、自然災害によるシステム停止のリスクにも無防備な企業は少なくありません。

こうした課題を、クラウドサーバーの活用によって効率良く解決できるのです。
AWS(Amazon Web Services)Microsoft Azureといった大手クラウドサービスは、最新のセキュリティ技術と堅牢なデータセンター基盤を提供しています。

例えばAWSでは、以下のようなセキュリティ機能が標準装備されています。

  • 侵入検知と防御
    ネットワークの常時監視によって不正アクセスを検知し、自動的にブロックします。
  • データの暗号化
    保管データと通信データを強固な暗号化技術で保護し、情報漏洩を防ぎます。
  • アクセス制御
    ユーザーごとに詳細なアクセス権限を設定でき、重要データへのアクセスを厳格に管理できます。

加えて、AWSのデータセンターは電力系統の二重化や耐震設計など、安定稼働に必要な環境が整えられています。
大規模災害時にもシステムを止めない仕組みが用意されているため、事業継続性の面でも大きなメリットがあると言えるでしょう。

こうしたプロフェッショナルなセキュリティ対策と災害対策を、クラウドサーバーならわずかなコストで導入できるのです。
自社運用では費用と手間がかかる高度な対策も、クラウドならサービスの一部として手軽に利用可能になります。

「セキュリティ対策に投資したいが、専門知識もコストも不足している」
「災害でシステムが止まったら、事業継続が難しくなる」
こんな不安を抱えているシステム管理者は、ぜひクラウドサーバーの導入を前向きに検討してみてください。
セキュリティと信頼性の高いIT基盤を、経営規模に関係なく活用できる時代が訪れているのです。

システム管理者の業務負荷が軽減される

クラウドサーバーは、システム管理者の業務負荷を大きく軽減してくれます。
自社運用の場合、サーバー構築から運用、トラブル対応まで、ITシステムのあらゆる管理業務を担当者が行う必要があります。
技術の習得や情報収集にも多くの時間を割かれ、本来のシステム企画や改善に注力しづらいというジレンマを抱えている方もいるでしょう。

クラウドサーバーを使えば、こうした悩みから解放されるのです。
基盤となるサーバー環境の構築と運用管理は、クラウドサービス側が担当してくれます。
ハードウェアの設置や障害対応、セキュリティパッチの適用など、煩雑で専門性の高い作業から開放されるのです。

国内のとあるSIerでは、クラウドサーバーを全面導入したことで、ITインフラ管理にかかる工数を約30%削減できたそうです。
浮いた時間とリソースを活用し、自社サービスの機能強化に注力することで、システムの付加価値を高めることに成功したといいます。

また、クラウドサーバーの管理画面は直感的な操作性を備えているため、専門知識が少ない担当者でも使いこなせるようになっています。
コマンド入力による設定作業は最小限で、マウス操作を中心としたわかりやすい管理が可能です。

「日々のサーバー管理に時間を取られ、本来の企画や改善に手が回らない」
「ITインフラのスキルを持つ人材が不足していて、属人化が進んでいる」
こうした課題を抱えるシステム管理者にこそ、クラウドサーバーがおすすめなのです。
定型作業から解放され、ビジネスの成長に直結する業務に注力できる環境を、クラウドの力を借りて実現できるはずです。

クラウドサーバーの導入は、システム管理者の働き方改革とも言えるかもしれません。
限られた時間とリソースを、より生産性の高いタスクに振り向けられるようになるのです。
業務の属人化解消やスキルアップの後押しにもなるでしょう。
チームのモチベーションとパフォーマンスを高めるためにも、クラウド活用は有効な一手と言えそうです。

クラウドサーバー導入前に知っておきたい3つのポイント

クラウドサーバーの導入を検討しているシステム管理者の方は多いと思います。
でも、いきなり移行を進めるのは少し待った方がいいかもしれません。

クラウドサーバーを使いこなすには、事前の準備が欠かせないからです。
自社に最適なサービスを選び、綿密な計画を立て、社内の協力体制を整えておくことが、スムーズな移行への近道となるでしょう。

ここでは、クラウドサーバーを導入する前に抑えておきたい3つの重要ポイントを詳しく見ていきます。
しっかりと押さえておくことで、クラウド移行をよりスムーズに進められるはずです。

自社に適したサービスを選ぶことが重要

クラウドサーバーへの移行を検討する際、真っ先に直面する課題がサービス選定です。
数多くのクラウドサービスが乱立する中で、自社のニーズにぴったりとマッチしたサービスを見つけ出すのは容易ではありません。
最適な選択を誤ると、コストや性能面で不利益を被るリスクもあるでしょう。

では、クラウドサーバーを比較検討する際、どのような点に注目すべきなのでしょうか。
以下の5つの観点を押さえておくことが肝要です。

  • 価格体系とコストパフォーマンス
    クラウドサービスの料金プランは事業者によって千差万別です。従量課金制や固定料金制など、課金方式の特徴をよく理解した上で、自社の利用形態に合ったプランを選ぶことが求められます。安価な月額料金に惹かれるあまり、トラフィック量に応じた追加料金を見落とさないよう注意しましょう。長期的なコストメリットを見極める目が必要不可欠です。
  • 提供されるサービスの種類と性能
    クラウドサーバーの機能やスペックは事業者ごとに異なります。CPUやメモリ、ストレージ、ネットワーク帯域など、自社のシステム要件を満たす十分なリソースが提供されるかどうかを確認することが大切です。オプションサービスの充実度や、サーバー監視、自動バックアップなどの付帯機能にも目を向けたいものです。
  • 信頼性と可用性の高さ
    クラウドサーバーを利用する以上、サービスの安定稼働は何より重要な要件と言えます。事業者のデータセンターが耐震性や電源バックアップ、冗長化構成など、どれだけ高い信頼性を備えているかを見極めることが求められます。サービス稼働率の保証値(SLA)も確認しておきたいポイントです。
  • セキュリティ対策の強固さ
    クラウドサーバー上の大切なデータを守るには、事業者のセキュリティ対策力が問われます。ファイアウォールやウイルス対策、不正アクセス防止など、どのようなセキュリティ機能が提供されているかをチェックすることが肝心です。ISO27001などの国際規格を取得している事業者なら、一定の安心感が得られるでしょう。
  • サポート体制の手厚さ
    クラウドサーバーの利用開始後も、操作方法のわからない点やトラブル対処など、さまざまな場面でサポートが必要になります。メールや電話だけでなく、チャットでのリアルタイム対応など、手厚いサポート体制が整っているかどうかも見逃せません。ドキュメントやFAQの充実度も重要な選定ポイントと言えます。

なお、クラウドサーバー選びに困ったら、情報システム子会社やITコンサルティング会社に相談するのも一案です。
中立的な立場から、自社に最適なサービスの選定をサポートしてくれるはずです。

移行にはしっかりとした計画が必要

クラウドサーバーへの移行は、単にデータを移し替えるだけの簡単な作業ではありません。
既存システムの分析から移行手順の策定、トラブル対処まで、綿密な計画を立てて慎重に進める必要があります。
手順を誤れば、システムダウンやデータ消失など、取り返しのつかない事態を招くおそれもあるのです。

そこで、クラウドサーバーへの移行計画を立てる際は、以下の点に十分な注意を払いましょう。

  • 現行システムの徹底分析
    「どのサーバーにどんなデータが保存されているのか」「システム間の依存関係はどうなっているのか」―――。クラウドサーバーへスムーズに移行するには、現行システムの全容を詳細に把握しておくことが大前提となります。業務への影響を最小限に抑えるためにも、事前の入念なシステム分析が欠かせません。
  • 移行シナリオの策定
    system-wideな視点から、具体的な移行手順をシナリオ化することが肝要です。移行対象の優先順位づけ、データ移行の方式、移行スケジュールの策定など、体系的に落とし込んでいく作業が求められます。その際、関係各所への影響も考慮に入れ、関係者間の合意形成を図っておくことが大切です。
  • トラブル対処方針の明確化
    周到な計画を立てたとしても、移行作業では想定外のトラブルが起こり得ます。データ移行の失敗やシステム障害など、起こりうるトラブルを想定し、具体的な対処方針をあらかじめ決めておくことが重要です。最悪の事態を想定した復旧手順も準備しておけば、トラブル発生時にも冷静に対処できるはずです。
  • テスト移行の実施
    本番移行の前に、テスト環境で移行手順の検証を行うことが不可欠です。小規模なシステムから着手し、徐々に規模を拡大していく段階的なテスト移行が望ましいと言えます。テストで洗い出された課題をフィードバックし、本番移行計画の精度を高めていくことが肝要です。
  • 移行実施後のフォローアップ
    移行作業が一段落ついたら、ただちにシステムが安定稼働しているかをチェックすることが大切です。性能テストやユーザー評価の収集など、フォローアップ作業を丁寧に行いたいものです。また、クラウド利用に関する新たな課題が浮かび上がることもあるでしょう。PDCAサイクルを回しながら、継続的な改善に取り組むことが求められます。

こうした点を抑えた上で、移行計画書やチェックリストを作成し、関係者間で共有することが望ましいと言えます。
ただし、ベストな移行計画といえども、状況の変化に応じて柔軟に見直す姿勢が欠かせません。
臨機応変さを発揮しながら、クラウドサーバーへの移行を着実に成し遂げていくことが大切です。

社内の理解と協力を得ることが欠かせない

クラウドサーバーへの移行を進めるには、経営層を始めとする社内の理解と協力が不可欠です。
単に情シス部門の判断だけでは、円滑に移行作業を進めることは難しいでしょう。
ましてや、無用な誤解や反発を招けば、移行プロジェクトが頓挫する危険性すらあります。

そこで、社内の巻き込みを図る上では、以下の取り組みが特に重要となります。

  • 経営層への丁寧な説明
    クラウドサーバーへの移行を最終的に判断するのは経営層です。トップの理解と協力が得られなければ、プロジェクトの推進も覚束ないと言わざるを得ません。コストメリットや生産性向上など、経営視点で移行の必要性を説く必要があります。ITの専門用語を多用せず、分かりやすく丁寧に説明することを心がけましょう。
  • 関連部署との綿密な調整
    クラウドサーバーの導入は、情シス部門だけでなく、ユーザー部門にも大きな影響を及ぼします。業務システムが変われば、運用方法やルールの変更を迫られる部署も出てくるはずです。各部署の業務実態をよく把握した上で、丁寧な調整を図っていくことが欠かせません。
  • 全社的な啓発活動の推進
    クラウドサーバーへの漠然とした不安を抱く社員は少なくないものです。「セキュリティは大丈夫なのか」「自分の業務はどう変わるのか」といった疑問の声に真摯に応えていくことが重要です。全社的な説明会の開催やニュースレターの発行など、啓発活動に積極的に取り組みたいものです。
  • 移行後の運用イメージを共有
    「クラウド化したら、具体的にどう業務の進め方が変わるのか」。移行後の運用イメージを社内で共有し、そのメリットを訴求することが大切です。生産性の向上やコミュニケーションの活性化など、働き方改革につながる効果をアピールすれば、社内の協力も得やすくなるはずです。
  • パイロットプロジェクトでPR
    全社移行に先立ち、一部の部署でパイロットプロジェクトを実施するのも有効な方法です。クラウドサーバーの導入効果を目に見える形で示すことで、社内の理解を深められると期待できます。パイロット部門の社員には、「変革の担い手」としての誇りを持ってもらうことも大切でしょう。

もちろん、説得に際しては、客観的なデータに基づいて移行の効果を示すことが重要です。
同業他社の成功事例を引き合いに出すのも効果的かもしれません。
根気強く丁寧な対話を重ね、クラウド化の意義を社内に浸透させていくことが望まれます。

中小企業がクラウドサーバーを活用するメリット

クラウドサーバーは、中小企業にとって大きなメリットになります。
初期投資を抑えながらITインフラを強化でき、限られたリソースでもシステム刷新が可能になるからです。

しかも、セキュリティ対策の重責をプロに任せられるので、社内のIT担当者は本来の業務に専念できるようになるでしょう。

以下で詳しく解説していきます。

初期投資を抑えてコスト削減できる

クラウドサーバーは、初期投資を大幅に節約できる方法です。
サーバー機器の購入費用はもちろん、それを設置するためのスペースや電源、空調などの付帯設備も不要になります。

「でも、クラウドを使うとランニングコストが高くつきそう…」と懸念されるかもしれません。
確かに、クラウドサービスの利用料金は毎月発生します。
しかし、サーバーの適正な設計とリソース配分を行えば、無駄のないコスト最適化が可能なのです。

具体的には、以下のような工夫が有効でしょう。

  • サーバーのスペックを適切に選ぶ
    必要以上にハイスペックなサーバーを選ぶと、無駄なコストがかかってしまいます。利用するアプリケーションに合わせて、適切なCPUパワーやメモリ容量のサーバーを選ぶことが賢明です。
  • オートスケーリングを活用する
    アクセス数に応じて、サーバーのスペックを自動的に調整する機能がオートスケーリングです。アクセスが少ない時間帯はスペックを下げ、ピーク時のみ上げるようにすれば、無駄なコストを削減できるでしょう。
  • リザーブドインスタンスの利用を検討する
    長期的に利用するサーバーでは、1年や3年単位の利用予約をするリザーブドインスタンスがおトクです。オンデマンドの時間単位課金に比べて、大幅な割引を受けられる可能性があります。

このように、賢明にクラウドサーバーを設計・運用することで、初期費用だけでなくランニングコストの面でもメリットを得られるはずです。
中小企業にとって、クラウド活用はコスト削減の有力な一手になるでしょう。

限られたリソースでもシステム刷新が可能

社内のシステムを刷新したい。でも、人手も予算も限られている――。
中小企業の情シス担当者なら、こうした悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

クラウドサーバーの活用は、そんな中小企業のシステム刷新を強力に後押しします。
クラウドには、システム構築・運用を効率化できる様々なサービスが用意されているからです。

例えば、以下のようなメリットが挙げられます。

  • 構築作業の自動化
    サーバーの設定作業を自動化するサービスを使えば、煩雑な手作業を大幅に省略できます。テンプレートを使ったり、構成管理ツールと連携したりすることで、誰でも簡単にシステムを構築できるようになるでしょう。
  • 運用管理の負荷軽減
    バックアップや死活監視、パッチ適用など、運用管理に関わる作業の多くがクラウドサービスに任せられます。人的リソースが少ない中小企業でも、安定的なシステム運用が可能になります。
  • 高度な機能の活用
    高可用性を実現する負荷分散サービスや、大量データを高速処理するマネージドデータベースなど、自前では用意しづらい高度な機能をクラウドで手軽に利用できます。限られた社内リソースでも、大企業並みのシステム基盤を構築可能です。

「でも、うちには詳しいエンジニアがいないから…」と不安に感じるかもしれません。
しかし、クラウドサービスの豊富なドキュメントやサポート体制を活用すれば、ノウハウが少ない人でもシステム刷新を前に進められるはずです。

クラウドの力を借りることで、中小企業でも最新のITを武器にビジネスの成長を加速できる。
限られたリソースをうまく活用し、システム刷新に臨んでみてはいかがでしょうか。

セキュリティ対策はプロに任せられる

中小企業にとって、セキュリティ対策は頭の痛い課題の1つです。
専任のセキュリティ担当者を置けないことも多く、対策が後手に回りがちだからです。

しかし、クラウドサーバーを活用すれば、セキュリティ対策の多くをプロに任せることができます。
クラウドサービス事業者は高度なセキュリティ技術を持ち、データセンターも最新の防御設備を備えているので、安心して業務システムを預けられるのです。

例えば、以下のようなセキュリティ対策をクラウド側で提供しているケースが一般的です。

  • マルウェア対策
    サーバーへのマルウェア感染を防ぐため、パターンファイルの自動更新や不審なプログラムの検知・駆除などをクラウド基盤側で行ってくれます。
  • ネットワーク防御
    DDoS攻撃などのネットワーク脅威から守るため、常時監視と自動遮断を実施。不正アクセスを防ぐファイアウォールも、クラウド側で最適に設定・運用されます。
  • データ暗号化
    保管データの機密性を守るため、ストレージの暗号化をデフォルトで適用。通信の暗号化も、SSL/TLSなどの業界標準技術を使って実現されているでしょう。

「でも、クラウドは本当に安全なの?」と疑問に感じる方もいるかもしれません。
たしかに、セキュリティ事故が起きないとは言い切れません。

ただ、クラウド事業者は莫大な投資をしてセキュリティ体制を整えています。
個々の中小企業が自前で用意するよりも、はるかに強固な対策を施せるはずです。

また、国際的なセキュリティ基準への準拠を第三者機関が認証する、「ISMS」や「ISO27017」といった制度もあります。
こうした認証を得ているクラウドサービスを選べば、より安心感を持ってセキュリティをクラウドに任せられることでしょう。

もちろん、クラウドにデータを預けるからといって、全てを丸投げしていいわけではありません。
利用者側でできるセキュリティ対策は確実に行う必要があります。
クラウドのセキュリティ機能を正しく使いこなし、二人三脚で守りを固めることが肝要だと言えるでしょう。

クラウドサーバーを導入する際の注意点

クラウドサーバーを導入する際には、いくつかの重要な注意点があります。
事前の入念な情報収集と比較検討、データ移行時の細心の注意、利用規約やSLAの確認など、慎重に検討すべき項目が多岐にわたるのです。

「クラウドサーバーなら何でも大丈夫」と安易に考えると、後になって大きな問題に直面するかもしれません。
クラウドサーバーのメリットを最大限に生かすためにも、導入前にしっかりと準備しておくことが肝要でしょう。

それでは、クラウドサーバー導入時に特に注意すべき3つのポイントについて、具体的に解説していきます。

十分な情報収集と比較検討が大切

クラウドサーバーを導入する際は、複数のサービスを比較検討することが重要です。
各社のサービス内容や料金体系、提供されている機能などを詳しく調べ、自社のニーズに最も合致したサービスを選ぶ必要があります。

特に、以下のような観点から情報収集と比較検討を行うことが求められるでしょう。

  • サーバースペックとパフォーマンス
    CPU、メモリ、ストレージなどのスペックが自社の用途に見合っているか、また、高負荷時のパフォーマンスが十分に確保できるかを確認しましょう。低スペックのプランを安易に選ぶと、サービス運用に支障をきたす恐れがあります。
  • 料金体系とコストパフォーマンス
    初期費用、月額料金、データ転送量に応じた課金など、料金体系を詳しくチェックすることが大切です。安価なプランでも、オプション費用で思わぬ出費となることがあります。中長期的なコストを見据えた比較検討が重要と言えるでしょう。
  • 信頼性と可用性
    サービス稼働率の保証やデータバックアップ体制など、システムの信頼性と可用性の面からもサービスを比較する必要があります。障害発生時の対応力や補償内容の違いが、サービス選定の分かれ目になることもあるのです。
  • セキュリティ対策
    マルウェア対策やDoS攻撃防御など、クラウド事業者側で提供されているセキュリティ機能を確認しましょう。自社での対策が難しい分野は、手厚いセキュリティサービスを備えたクラウドサーバーを選ぶことが賢明だと言えます。

「どのサービスを使っても大した違いはないだろう」などと考えるのは禁物です。
多角的な視点から慎重に比較検討することで、自社に最適なクラウドサーバーを選択できるはずです。
情報収集と比較検討に十分な時間をかけることが、クラウドサーバー導入の成否を分ける鍵となるでしょう。

データ移行には細心の注意を払う

オンプレミス環境からクラウドサーバーにデータを移行する際は、細心の注意を払う必要があります。
移行作業時のミスが原因で、データ消失やサービス停止などの深刻なトラブルにつながる危険性があるのです。

データ移行を成功させるためには、以下のような点に留意することが大切だと言えるでしょう。

  • 入念な事前準備
    移行するデータの種類や容量、移行手順、所要時間などを事前に洗い出し、綿密な計画を立てることが重要です。関係者との入念な調整を行い、万全の態勢で臨むことが求められます。
  • 移行手順の確立
    データベースやストレージの移行手順を確立し、手順書を作成しておくことが欠かせません。移行の各段階で確認すべき項目を明確にし、意思疎通を図りながら慎重に作業を進めましょう。
  • 移行ツールの活用
    クラウド事業者が提供する移行ツールやサードパーティ製のツールを活用することで、移行作業の効率化とミスの防止につながります。ツールの使い方を事前に習得し、手順に沿って確実に運用することが大切です。
  • 検証作業の徹底
    移行後のデータに不整合がないかを入念にチェックする検証作業が肝要です。サンプルデータでの動作確認だけでなく、実データを使った検証を十分に行い、問題がないことを確認してから本番運用に移行しましょう。

「移行作業は初歩的なミスさえしなければ大丈夫」と過信してはいけません。
些細なミスが重大な事態を招くことを認識し、細部まで神経を払った丁寧な対応が求められるのです。
事前の入念な準備と慎重な作業の積み重ねが、円滑なデータ移行への道筋をつけるはずです。

利用規約やSLAをしっかりチェックする

クラウドサーバーの利用規約やSLA(サービス品質保証制度)は、サービス内容や提供条件を定めた重要な取り決めです。
利用規約やSLAをしっかりチェックし、内容を十分に理解した上で契約することが肝要だと言えます。

特に、以下のような点に注意してサービス内容を確認する必要があるでしょう。

  • 提供されるサービスの範囲
    サーバー環境の提供だけでなく、OS・ミドルウェアの保守運用、バックアップ、セキュリティ対策など、クラウド事業者が行うサービスの範囲を明確に把握しておきましょう。自社で対応すべき事項を見落とすと、運用コストの増大を招く恐れがあります。
  • サービス稼働率の保証内容
    クラウドサーバーのサービス稼働率がどの程度保証されているのかは重要なポイントです。月間稼働率が99.9%以上など、具体的な数値で示されていることを確認しましょう。保証内容が不明瞭なサービスは避けるべきと言えます。
  • 障害発生時の対応体制
    障害発生時の連絡体制や復旧にかかる時間などをチェックすることが大切です。休日・夜間の対応力や復旧までのSLAなどを事前に確認し、自社の業務への影響を見極める必要があります。
  • データの取り扱いに関する方針
    クラウド事業者によるデータの収集・保管・利用に関する方針を十分に理解しておくことが重要です。機密情報の取り扱いについても明文化されていることを確認し、自社のセキュリティポリシーとの整合性を図りましょう。

「契約書は読まなくても大丈夫だろう」などと安易に考えるのは危険です。
トラブル発生時の責任分界点や補償内容など、契約書の記載事項が重大な意味を持つことを認識すべきでしょう。
利用規約やSLAを隅々までチェックすることが、クラウドサーバーを安心して利用するための第一歩と言えるはずです。

まとめ:クラウドサーバーで期待通りのシステム刷新を実現しよう

今回は、クラウドサーバーのメリットについて知りたいと考えているシステム管理者の方に向けて、

  • 運用コストの大幅削減
  • セキュリティ対策と災害対策の強化
  • システム管理者の業務負荷軽減

上記について、15年以上のITスペシャリストとしての経験を交えながらお話ししてきました。

クラウドサーバーを導入することで、ハードウェアの調達や運用管理にかかる手間とコストを大幅に削減できます。
高度なセキュリティ対策と災害対策も、クラウドサービス事業者の技術力を活用することで実現可能です。
その結果、システム管理者は本来の業務であるシステムの企画や改善に注力できるようになります。

コスト削減と業務効率化を実現し、限られたリソースでシステム刷新を成し遂げたいとお考えなら、クラウドサーバーはまさに最適な選択肢と言えるでしょう。
クラウド活用のノウハウを身につければ、システム管理者としての市場価値もさらに高まるはずです。

システムの安定稼働と、会社の業績向上。
その両立を目指して日々奮闘している、あなたの努力は決して無駄にはなりません。
ぜひクラウドの力を味方につけて、期待通りの成果を実現してください。
全力で応援しています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次